50歳からは穏やかに暮らしていきたい

ふと気が付けばサラリーマン歴は30年をこえた。不惑の40なんていうけれど、50を過ぎてもまだまだいろんな惑いはありそうです。

ペースダウンして「穏やか」な生活へ

50歳を過ぎてから、以前にもまして体力や気力、記憶力がだんだんに落ちてきたなーと感じるようになりました。その感覚は毎年強まってくるわけで。

22歳で大学を卒業してからずっと同じ会社に勤務してきた私は、時代の変化とともに女子社員からいつの間にか女性管理職になったりして、それはそれで楽しいビジネスウーマン生活ではありました。が、自分のいろんな部分の衰えを感じると、もう管理職のパフォーマンスを維持できないことも自覚できる。ということで、仕事の方は少しペースダウンして、もうちょっとプライベートにあてる時間を確保して、ゆったり、のんびり「穏やかな」日々を送りたくなったわけです。

私はこのブログとは別に鉄道旅を中心にしたブログを別に書いているのですが、そちらのテーマにはそぐわない日々感じたことなどをこちらのブログにつづっていこうと思います。